フレーズ・例文

「性格」を英語で表現しよう!【英単語・フレーズ103選】

 

自己紹介や面接で自分の「性格」について話すことがよくあります。

また、会話の中で他の人の話をする時、その人の「性格」について話題になることも。

そこで今回は、「性格」を英語で表現するための英単語・フレーズを紹介します。

 

ひとみ
「努力家」など。英語で何というかピンとこないけど、知っておくと便利なものを厳選しました
「彼はいい人」だけじゃきれいごとみたいだもんね。これを機に使える単語の幅を増やそうっと!
ねこさん

 

・1「性格」を表す英単語一覧

ここでは「性格」を表す英単語を11個のグループに分けて紹介します。

各グループでは、反対の意味の英単語も一緒にご紹介。

例えば、「いいひと」を意味する英単語グループでは、「よくない人」を表すものも載せてあります。

 

ひとみ
「自分自身」や「よく話題に上がる人」の性格を表す単語はぜひ覚えてみてください
音声もついているから、会話でそのまま使えるね!
ぺんぺん

 

・① いい人

 

  • 「やさしい」「親切」「人に愛情を注ぐ」「フレンドリー」な人を表す英単語一覧

 

 


 

・反対の意味の英単語:いい人じゃない人

 

「やさしくない」「冷たい」「親切ではない」「フレンドリーじゃない」人を表す英単語一覧

 

 

・② コミュニケーションが好き

 

「人とコミュニケーションをとるのが好き!」な人を表す英単語一覧

 

 

ひとみ
人とお話しするのが大好き!交流をもつのが大好き!を表します
僕のことだ
ねこさん

 

・反対の意味の英単語:コミュニケーションをとるのが好きじゃない人

 

「物静か」「コミュニケーションをとるのが好きじゃない」「シャイ」な人を表す英単語一覧

 

 

・③ 信用できる人

 

「人から信頼される」人を表す英単語一覧

 

 

・反対の意味の英単語:信用できない人

 

「人から信頼されない」人を表す英単語一覧

 

 

ぺんぺん
「信頼される」意味の英単語に"un"か、"dis"がついただけだね
うん。"un" "dis"は否定を意味するからね。これが付いてる単語は元の意味の反対の意味になるよ
ひとみ

 

・④ 働き者

 

「よく働く人」「働くのが好きな人」人を表す英単語一覧

 

 

・反対の意味の英単語:だらしない人

 

「だらしない」「怠ける」人を表す英単語一覧

 

 

・➄ 頭がいい人

「頭がいい」「理解するのが早い」「合理的」人を表す英単語一覧

 

 

・反対の意味の英単語:頭がよくない人

 

「頭がよくない」「理解するのが遅い」「合理的ではない」人を表す英単語一覧

 

 

・⑥ お金を使うのが好き

 

「お金を使うのが好き」な人を表す英単語一覧

 

 

ひとみ
"generous"ポジティブな意味で、"extravagant"ネガティブな意味で使われます

 

"generous"は日本語で言うと、「気前がいい」に近いです。

飲み会に行って、気前よくお金を出してくれる人のイメージに近いです。

 

一方、"extravagant"は浪費家に近いニュアンス。

「え、またなんか買ったのー?」とかよく言われる人のイメージ。

 

・反対の意味の英単語:お金を使いたがらない人

 

「お金を使いたがらない」な人を表す英単語一覧

 

 

ひとみ
"economical"はポジティブな意味、" mean"はネガティブな意味です

 

"econimical"は倹約家なイメージですね。

「必要なものにはお金を使うけれど、無駄使いをなるべくしたくない」人は"economical"。

 

一方、"mean"は「ケチ」。

「割り勘の時に、すごく細かいお金にこだわる人」とか、「なかなか新しいものに買い替えない人」に近いイメージ。

 

・⑦ 正直な人

 

「正直に伝える」人を表す英単語一覧

 

 

・反対の意味の英単語:うそつきな人

 

「うそつき」な人を表す英単語一覧

 

 

・⑧ 新しいアイデアを受け入れる人

 

「新しいアイデアにオープン」「他人のアイデアにオープン」な人を表す英単語一覧

 

 ・反対の意味の英単語:新しいアイデアを受け付けない人

 

「新しいアイデアを受け付けない」人を表す英単語一覧

 

 

ひとみ
"narrow"は「狭い」っていう意味。"minded"とくっついて"narrow-minded"「狭い心」。「新しいものを受け入れない人」につながる
ねこさん
"open-minded"の反対だね。

 

・⑨ 明るく余裕がある人

 

「明るく余裕がある」人を表す英単語一覧

 

 

・反対の意味の英単語:暗くて余裕がない人

 

「暗く余裕がない」人を表す英単語一覧

 

 

・⑩ 他の人の気持ちを考える人

 

「他の人に気遣いができる」人を表す英単語一覧

 

・反対の意味の英単語:自己中心的な人

 

「自己中心的」な人を表す英単語一覧

 

 

・⑪ 意志が強い人

 

「自分が実現したいことをわかってて、それに向けて行動できる」人を表す英単語一覧

 

 

・反対の意味の英単語:

 

「自分が実現したいことがわからない、決められない」人を表す英単語一覧

 

 

・2「性格」を英語で表現する方法

 

ねこさん
「〇〇は~な人だよ」って、英語でどうやって表現すればいいの?

 

ここでは、「性格」を相手にわかりやすく表現するために、以下4つを紹介します。

 

ここでわかること

  1. [基本編]「性格」を表現する方法
  2. [応用編]「性格」を表現する方法
  3. どのくらい~か「程度」を表す単語
  4. 「性格」を具体的に表現する方法

 

ひとみ
それぞれ見ていきましょう

・① [基本編]「性格」を表現する方法:"主語 is 形容詞"

 

「〇〇は~な性格」は、次の表現で簡単に表現することが出来ます。

 

主語 is 形容詞

(主語は~な性格だ)

 

ひとみ
これが、最も基本的な「性格」を表す型です。例をいくつか見ときましょう

 

I am open-minded.

(私は新しいアイデアを受け入れる性格です)

 

She is outgoing.

(彼女はコミュニケーションをとるのが好きな人です)

 

My boss is reliable.

(私の上司は信頼のおける人です)

 

・② [応用編]「性格」を表現する方法:" I would say that 主語 is ~"

ねこさん
「私は〇〇な性格だ」と言い切らず、もう少し柔らかく表現したい

 

"主語 is 形容詞"の応用編で、もう少しやわらかい表現にしたいときは、次の型を使いましょう。

 

I would say that 主語 is ~

(主語は~な性格だと思います)

 

 日本語で言うと「~な性格だと思います」。

断定していない表現なので、ちょっと控えめな表現をしたいときに使えます。

 

ひとみ
"I would say that"の後は、自分自身でも、他の人でもOKです。例をいくつか見ておきましょう

 

I would say that I'm open-minded.

(私は、新しい考えを受け入れるタイプだと思います)

 

I would say that she is outgoing.

(彼女はコミュニケーションをとるのが好きだと思います)

 

I would say that my boss is reliable.

(私の上司は信頼できる人だと思います)

 

・③ どのくらい~か「程度」を表す単語:"very"、"pretty"、"kind of" など

「彼は少しいい人だ」「彼女はとても正直」「私は結構なまけものだ」。

このように、「性格」を表すときに、一緒に「程度」を説明に加えたいことも。

 

ひとみ
英語で「程度」を表現したいときは、形容詞の前に「程度」を表す単語を入れるだけでOK。例を見てみましょう

 

She is really sociable.

(彼女はとてもコミュニケーションをとるのが好きだ)

 

Mike is pretty hardworking.

(マイクは結構働き者です)

 

He is a little lazy.

(彼はちょっとなまけものです)

 

他にも、「程度」を表す単語はこの通りたくさんあります。

 

「程度」を表す英単語

英単語 日本語訳 程度の強さ
very とても ★★★★★
really とても ★★★★★
quite 思ってたよりも、結構 ★★★★
pretty 結構 ★★★★
fairly まぁまぁ ★★★
somewhat やや ★★
a bit 少し
a little 少し
kind of なんか~な感じ -
sort of なんか~な感じ -

 

ひとみ
自分の表現したいイメージに合わせて使ってみてください

 

・④「性格」を具体的に表現する方法:オリジナルな説明を加える

ここまで学んだことで、「彼は〇〇な人だ」「彼は〇〇な人だと思う」「彼はとても〇〇な人だ」など表現できるようになりました。

 

ただ、これだけだと漠然としていて、どんな人なのかイメージがつかみにくいです。

そこで、"主語 is 形容詞"の文に続けて、その人の性格を具体的に説明します。

 

He is very diligent.

He wakes up 5 am every day, and studies hard for 2 hours before he goes to the office.

(彼はとても勤勉です。毎日朝5時に起きて、仕事に行く前に2時間も勉強をします)

 

ひとみ
具体的にどんな人なのか説明すると、相手も質問しやすいから、会話がつづきやすいよ
たしかに。"She is kind" (彼女は優しい) だけじゃ、「へぇー」って感じだよね
ねこさん

 

・3 どんな性格かを聞く英語表現

 

ぺんぺん
田中さんってどんな人?
ねこさん
あなたがどんな人なのか教えて

 

その場にいない誰かの性格を聞きたいときや、話している相手がどんな人なのか聞きたいとき。

「どんな性格なのかを確認する」ための英語表現を知っておくと便利ですね。

 

ねこさん
どう表現するのか気になる!それに、外国人に質問されても、何聞かれてるか理解しないとだし
うん。相手に聞かれた時に理解できるためにも、相手の性格を確認する表現をおさえておこう
ひとみ

 


 

Tell me what kind of person are you?

(あなたはどんな人なのか教えてください)

 

"What kind of ~" = どんな~?。

"What kind of person" = どんな人となります。

 

ひとみ
目の前にいる人に対して、どんな人なのか知りたいときに使えるフレーズです

 


 

How do you describe yourself?

(あなたはどんな人なのか教えてください)

 

ひとみ
面接などでよく聞かれる質問です。どんな性格なのかを確認したいときの表現

 


 

What is he like?

(彼ってどんな人なの?)

 

ここで出てくる"like"は「好き」ではなくて、「~のような、どんな」の意味。

もし、"is"ではなくて"does"にしてしまうと、"What does he like?"で「彼は何が好きなの?」になってしまいます。

 

ひとみ
"be動詞"を必ず使う点にご注意

 

・4「性格」を英語で説明する例文

 

ここまで出てきた英単語やフレーズを使って、実際に英語で「性格」を説明してみましょう。

文章を考えるための参考に、こちらでいくつか例文をご用意しました。

 

「性格」を説明する場面としてよくあるのが「① 自己紹介」「② 他の人の性格を説明する場面」

 

ひとみ
それぞれ以下で確認していきましょう

 

・① 自己紹介で自分の「性格」を説明する例文

ここでは、自己紹介で自分の性格を説明するための例文をご紹介します。

「面接」や「初対面の人との自己紹介」などで使えるフレーズです。

 

ひとみ
早速例を見ていきましょう

 

例文①:「面接」にて自分の性格を説明する

「面接」にて、自分がどんなタイプなのかアピールしている例文です。

 


 

Mr. Tom
How do you describe yourself?

(あなたはどんな人ですか?)

 

 


I would describe myself as ambitious.
I’m not comfortable with settling, and I’m always looking for an opportunity to achieve greatness.

(私は野心的であると思います。私は現状を維持するのが好きじゃないので、いつも偉大なことを成し遂げる機会を探しています。)

ねこさん

 


 

各フレーズで使われている単語・熟語の意味

I am comfortable with ~ ~に対して落ち着く
settling 落ち着ける場所にとどまっている
look for 探す
achieve greatness 偉大な(すごい)ことを成し遂げる

 

ひとみ
面接では特に、相手を納得させるための具体的な説明が必要です。自分の性格を特徴づける行動や、過去の経験を話すと効果的でしょう

 

例文②:「初対面の人との自己紹介」にて自分の性格を説明する

初めて会った人に、自分がどんな性格なのかお話しするときの例文です。

 


 

Mr. Tom
Tell me what kind of person are you?

(あなたがどんな人なのか教えて?)

 

I'm talkative. In school, my teachers were tired of me talking too much in class.

(僕はコミュニケーションをとるのが好きなんだ。学校では僕が授業中におしゃべりしすぎて、先生たちが疲れちゃってたぐらい笑)

ぺんぺん

 


 

 

ひとみ
カジュアルな自己紹介の場面では、ちょっと「クスっ」となるようなエピソードを交えてもOK
たしかにそのほうが、仲良くなりやすいかもね
ぺんぺん

 

・② 他の人の性格を説明する例文

ここでは、自分以外の人について、その人がどんな「性格」なのかを説明する例文を紹介します。

 

ひとみ
例を見ていきましょう

 

例文①:「職場にて」他の人の性格を説明する

職場に入ってきた新人さんの「性格」を説明している例文です。

 


 

ぺんぺん
I met a new employee named Jack.

(Jackっていう新人さんに会ったよ)

 

Oh, how was he like?

(へぇ!どんな人だった?)

Mr. Tom

 

ぺんぺん
Well, I would say that he is easy-going. He was relaxed and casual, and he cracked some jokes in front of some colleagues!

(そうだな、彼はおおらかな人だと思うな。リラックスしてて親しみやすかったし、同僚の前でジョークを言ってた。笑)

 

I want to talk to him.

(彼とお話してみたいな)

Mr. Tom

 


 

ひとみ
他の人の説明をする時も、「その人の様子、雰囲気」、「とった行動」について話すと伝わりやすいです

 

例文②:「ガールズトーク」にて他の人の性格を説明する

「ガールズトーク」は日本語で言うところの「恋バナ」。

気になる人について、どんな人なのか説明する例文です。

 


 

みゆきさん
I went out with David yesterday. It was amazingly fun!

(昨日デイビッドとデートをしたんだけど、びっくりするぐらい楽しかった)

 

That's great! How was he like?

(いいね!彼ってどんな人なの?)

ねこさん

 

みゆきさん
I would say that David is very smart. He can speak 6 languages and he is handling 3 projects at his job now.

(デイビッドはとても頭がいいと思う。6か国語話せるし、仕事でも3つもプロジェクトを対応しているみたい)

 

I guess he has a "bright future" ahead of him!

(彼は将来性が高そうだね!)

ねこさん

 


 

ひとみ
他の人の「有能さ」を表現したいときは、「その人が実際にできること」「実際にしていること」を説明すると、納得してもらいやすいです
「証拠」は語るだね
ねこさん

 

・5 まとめ

いかがでしたか?

「~は〇〇な性格だよ」を伝えるのはとっても簡単。

今回ご紹介した型にあてはめて、「性格」を表す形容詞を使い分ければいいだけ。

自分自身をよく表す形容詞や、よく話題に上がる人の形容詞を探して、説明する練習をしてみてください。

 

ひとみ
難しく考えず、シンプルな文で「性格」を表すエピソードを交えるとさらに会話がはずみます
嫌いなあいつの「性格」を説明する練習から始めようかしら。あはは。笑
ぺんぺん

-フレーズ・例文

Copyright© OKOMORI英会話 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.