文法

"could" "would" "should"の使い方を説明します【英会話で頻出】

 

ねこさん
"could" "would" "should"ってどんな違いがあるんだろ

 

細かいものを入れれば、"could" "would" "should"の使い方はたくさんあります。

 

でも、その中でネイティブが英会話でよく使うものは限られているんです
ひとみ

 

そこで今回は、英会話で役立つものに絞って、"could" "would" "should"の使い方を説明します。

また、" could"" would"については、" could you~"、 "would you~?"の意味の違いをよく聞かれます。

 

ねこさん
" could you~"も "would you~?"丁寧にお願いするときに使うよね?違いはあるの?

 

ということで、今回は以下4つをわかりやすく説明します
ひとみ

 

この記事の内容

  1. "could"の使い方
  2. "would"の使い方
  3. "should"の使い方
  4. "could you~?""would you~?"の違い

 

1 英会話でよく使う"could"、" would"、" should"のイメージ

 

" could"、" would"、" should"にはいろんな使い方があってよくわからない

 

学校や文法の教材で教わった助動詞" could"、" would"、" should"の使い方って、細かくて覚えずらいですよね。

 

ぺんぺん
過去形や仮定法もからんでて、頭の中を整理するのが大変!

 

でも" could"、" would"、" should"、それぞれの持つ意味のイメージを理解すれば、使い分けも簡単になります。

それは、助動詞の意味の違いによって、使い分けているだけだからです。

 

" could"、" would"、" should"のざっくりイメージ

  1. " could"「~できる (できた)」、「ありえる」
  2. " would" =  「~だろう」
  3. " should" =  「~すべき」、「~のはず」

 

次の項目から、" could"、" would"、" should"の使い方を詳しく説明していきます。

 

ひとみ
まずは、「" could"、" would"、" should"のざっくりイメージ」を頭の片隅に入れといてください

 

2 "could"の使い方

前の章でご説明した通り" could"は 、「~できる (できた)」「ありえる」の2つの意味を持ちます。

こちらの章では、助動詞"could"の具体的な使い方について詳しく見ていきましょう。

 

ひとみ
"could"は、英会話で次の使い方ができます

 

"could"の使い方

  • 使い方①:「~することができた
  • 使い方②:「~の可能性がある」「ありうる
  • 使い方③:「~してくれますか」
  • 使い方④:「もしあの時~だったらできたのに」

 

ねこさん
本当だ、使い方の訳を見ても「できた」「ありうる」が含まれてる。「~してくれますか」だけ例外だけど
そうだね。でも実は、「~してくれますか」にも「できる」の意味が含まれているんだ。「~してくれますか」について、詳しくは下の項目で説明するよ。

ひとみ

 

・"could"の使い方①:「過去に~することができた」

 

" could"" can"の過去形と理解している人も多いんじゃないでしょうか。

でも「~できた」にいつも" could"を使うと、不自然な文になることがあります。

 

ねこさん
たしかに、"was able to~"でも「~ができた」って表現できるよね。使い分けが必要なの?
うん。過去の話をする時、" could"が使えるのは「①~できなかった」「②過去の能力を表す」時だけ。
ひとみ

 

・① 否定文「~できなかった」のときは" could not"が使える

過去形の文章で、否定文「~できなかった」の時は" could" + not で表すことが出来ます。

 

The dog couldn’t enter the house.

(その犬は家に入れなかった)

 

I couldn't pass the exam.

(私は試験に合格できなかった)

 

She couldn't help his job.

(彼女は彼の仕事を手伝えなかった)

 

ひとみ
シンプルに「~できなかった」が言いたいときは、" could not"でも" was not able to"でもOK

 

・②「過去にできた能力を表す」とき" could"が使える

 

ぺんぺん
昔ね~、空手ができたんだよ

肯定文の場合、こういう「過去にできた能力」を表すとき、" could"で表現できます。

 

ねこさん
過去の能力?
ちょっとわかりづらいから、具体例を見てみよう
ひとみ

 

When I was little, I could eat wasabi.

(私が小さかったころ、ワサビを食べることができた)

 

When my brother was a junior high school student, he could speak English better.

(私の弟が中学生の時、もっと英語がうまく話せた)

 

Taro could play the piano very well by the age of 15.

(15歳には、太郎はとても上手にピアノが弾けた)

 

ぺんぺん
なるほど。能力とか、技術の話の時は" could"で「~できた」と言えるわけね
そうそう。逆に能力とは違う「~できた」は" could"じゃだめなんだ
ひとみ

 

・③ 能力に関係ない「~できた」は" could"だと不自然

 

逆に、肯定文でも「過去にできた能力」以外の「~できた」の場合、" could"は使いません。

例えば、次の具体例の状況では、" could"は不自然なんです。

 

I could find my key.

(私は自分のカギを見つけることが出来た)

 

He could attend the meeting.

(彼は会議に参加することが出来た)

 

Yoshiko could enjoy her date.

(よしこはデートを楽しむことが出来た)

 

これらの例は全て、「過去の能力」ではなくて、「過去に実現することができたこと」

 

ねこさん
どうすれば上の例文を自然な表現にできるの?
" could"を外して、動詞を過去形にすれば、自然な文になるよ
ひとみ

 

I found my key.

(私は自分のカギを見つけることが出来た)

 

He attended the meeting.

(彼は会議に参加することが出来た)

 

Yoshiko enjoyed her date.

(よしこはデートを楽しむことが出来た)

 

日本語で「できました」と表現するものは、英語では「しました」と表現しても意味が伝わるのでご安心ください。

むしろシンプルでストレートになり、よりネイティブに伝わりやすくなります。

 

ねこさん
でも、「頑張った」という感じをどうしても表現したいときはどうすればいいの?ただの過去形じゃ味気なくて
そういう時は、" was able to"" managed to"を使おう
ひとみ

 

例えば、「努力して、鍵を見つけることができた!」ということなら、" was able to"を使いましょう。

 

× I could find my key.

○   I was able to find my key.

 

また、「大変な状況だったけど、なんとかなったよ」というニュアンスの時は" managed to"

 

The train was running late but Satoshi managed to attend the meeting.

(電車は遅れていたけど、さとしはなんとか会議に間に合いました)

 

ねこさん
「~できた」と言っても、状況によって自然な言い方は変わってくるのね
ひとみ
そうそう。日本語の「~できた」をそのまま英語にしようとしないで、状況に合う英語表現を使おう

 

・"could"の使い方②:「~の可能性がある」「ありうる」

 

2つ目の" could"の使い方は、「~の可能性もある」「ありうる」とあらわすもの。

例を見てみましょう。

 


 

Mr. Tom
Is it true that he bought a Benz?

(彼がベンツを買ったって本当?)

 

It could be true.

(そうかもね)

ねこさん

 


 

ひとみ
"It could be true"を直訳すると「それは真実になりうる」。自然な言い方に変えると「そうかもね」
絶対じゃないけど、その可能性もあるって時に使うのね
ねこさん

 

・"could"の使い方③:「~してくれますか」

 

3つ目の使い方は、丁寧に何かをお願いするときの表現「~してくれますか」。

この表現は知ってる人も多いですよね。

 

Could you do me a favor?

(お願いしてもいいですか?)

 

Could you open the door?

(ドアを開けてもらえませんか)

 

Could you pass me the salt?

(塩を取ってもらえないですか?)

 

"could you~?"はそのままの意味だと「~することはできますか?」

つまり、相手に「~することが物理的に可能かどうか」を聞いてる。

そこから派生して、「~してもらえませんか?」という丁寧にお願いをする表現になりました。

 

ねこさん
"can you~?"じゃニュアンスが違うの?
うん。" can"のほうが「相手ができるだろう」っていう確信が強いんだ。日本語だと「できるよね?」みたいだから、"could"を使うほうが丁寧
ひとみ

 

・"could"の使い方④:「もしあの時~だったらできたのに」

 

最後は、「もしあの時~だったら~できたのに」と過去の話をする時の使い方。

 


 

Mr. Tom
Hi. How was the exam?

(やぁ。試験はどうだった?)

 

I failed. If I had studied more, I could have passed the exam.

(うまくいかなかったよ。もっと勉強していれば、試験に合格できたかもしれない)

ぺんぺん

 

次の公式で、「あの時こうしていたら、~できてたかも」と、後悔しているニュアンスがあらわせます。

公式

  • If I had 動詞 -ed, could have 動詞 -ed

 

ひとみ
できたかもしれない。でも実際はできなかったって時に使います
後で後悔しないようにしよう・・・
ぺんぺん

 

3 "would"の使い方

続いて、"would"の使い方を説明していきます。

" would" の持つ主な意味は「~だろう」。

 

ひとみ
" would"の使い方を分けると、次のようになります

 

"would"の使い方

  • 使い方①:「もし~なら、~だろう
  • 使い方②:【現在から見た未来】「~だろう
  • 使い方③:【過去から見た未来】「~だろう
  • 使い方④:「~してくれますか」
  • 使い方➄:「もしあの時~だったら~しただろう

 

・"would"の使い方①:「もし~なら、~だろう」

 

" would"の一つ目の使い方は「もし~なら、~だろう」。

 

ひとみ
属にいう仮定法の使い方ですね。例を見てみましょう

 

If I got some money, I would travel abroad.

(もしお金が手に入ったら、旅行に行くだろう)

 

時制に注目してください。

お金が手に入るかもしれないのは未来のことですが、過去形の"got"を使っています。

「もし~なら」の時は、たとえ起こるのがこれからのことでも、過去形で表すからです。

 

ひとみ
「もし~なら」は空想で、現実から離れてますね。現実からの距離感を表すために過去形にしているんです

 

また、「もし~なら」表現の仲間に"I wish"を使った仮定法があります。

 

I wish you would help me do my home work.

(あなたが私の宿題をするのを手伝ってくれるといいんだけど)

 

"I wish"から先の内容は、理想であり現実で起こっていることではありませんね。

この場合も、現実からの「距離感」を出すために、"will"の過去形"would"を使っています。

 

・"would"の使い方②:【現在から見た未来】「~だろう」

続いて、現時点から先の未来を思い、「~だろう」と予想する使い方を説明します。

現在から未来に向けた「~だろう」の例文でニュアンスをつかみましょう。

 


 

 

Mr. Tom
Would you believe that Mary is going to get married to Tom?

(メアリーがトムと結婚するって信じる?)

 

Yes, I would.

(うん、信じるかも)

ぺんぺん

 


 

ねこさん
「~だろう」なら、"will"でもいいのでは?
"will"でもいいよ。でもニュアンスが少し違うんだ。"will"よりも"would"のほうが、そうなると思う自信の度合いが低い
ひとみ
ねこさん
なるほど。じゃあ、「多分~だろう」ぐらいの自信なら"would"のが近いのかな?
そうだね。あと、" would"のほうが自信満々じゃない感じだから、相手にやわらかい印象を与えることができるよ
ひとみ

 

・"would"の使い方③:【過去から見た未来】「~だろう」

続いては、時間軸を過去に向けます。

「あのとき、私は~だろうと思った」など、過去に「~だろう」と思ったときも" would"を使います。

 


 

 

Mr. Tom
I heard you went out with Mike yesterday. How was it?

(昨日マイクとデートしたって聞いたよ。どうだった?)

 

I thought it would not be nice, but it was great!

(そんな期待してなかったけど、実際とっても楽しかった!)

ぺんぺん

 


 

"thought"(思った) のは過去のこと。

"I thought it would not be nice" = 「(デートに行く前)デートは楽しくないだろうな」と思った。

 

ひとみ
このように、過去のある時点で「~だろう」というときも" would"を使います
過去には過去で。時制は仲良くおそろいにするんだね
ねこさん

 

・"would"の使い方④:「~してくれますか」

" would"を使って丁寧に相手にお願いする使い方を見ていきましょう。

 


 

Mr. Tom
Would you give me a hand?

(手伝ってくれませんか?)

 

Sure.

(もちろん)

ぺんぺん

 


 

繰り返しになりますが、"would"は" will"の過去形です。

" will"は「~するつもり」という意思を表す表現で、" will you ~"だと相手に「~してくれる意志はありますか?」と聞いています。

 

ひとみ
より自然な日本語にすると「~してくれますか?」
"will you~?""would you ~"は何が違うの?
ねこさん
ひとみ
"would you~?"の方が"will you~?"よりも丁寧な聞き方になるよ

 

"will"よりも、"would"の方が、相手が「~してくれるだろう」の確信の度合いが低いので、より丁寧な言い方になります。

 

ひとみ
日本語で、"will you ~?"は「してくれます?」。" would you ~?"は「してくれませんか?」の感覚に近いです

 

また、" would"を使って相手にお願いする表現には、" would you mind ~ing?"というものもあります。

 


 

 

Mr. Tom
Would you mind taking a picture?

'(写真を撮ってもらえませんか?)

 

No, not at all.

(構いませんよ)

ねこさん

 


 

"would you mind ~ing?"は、「~することを気にしますか?(嫌ですか?)」という意味。

なので、快くOKする時は "No!"、逆に断りたいときは"Yes"になります。

 

ひとみ
ちなみに私は、「OKだよ」のつもりで、間違えて"Yes"(嫌!)と言ったことがあります。笑
笑。返事するときは気を付けよーっと
ぺんぺん

 

・"would"の使い方➄:「もしあの時~だったら~しただろう」

 

最後は「もしあの時~だったら~しただろう」という表現。

「もし~なら~するだろう」の過去形バージョンですね。

 


 

Mr. Tom
I enjoyed watching a baseball game with Tom yesterday.

(昨日トムと野球観戦に行ったんだ)

 

Really? I love baseball. If you had invited me, I would have gone.

(本当に?僕野球が大好きなんだよ。誘ってくれれば行ったのに!)

ぺんぺん

 


 

実際には起きなかった過去の話、「過去のもしもの話」をするときは次の公式に当てはめてあらわせます。

 

公式

  • If I had 動詞 -ed, I would have 動詞 -ed

 

ひとみ
文法のことを深く考えると難しく感じますが、単純にこの式に当てはめて作れば大丈夫

 

4 "should"の使い方

続いて、"should"の使い方を説明していきます。

 

ひとみ
"should"は、英会話で次の使い方ができます

 

"should"の使い方

  • 使い方①:「~のはず」
  • 使い方②:「~すべき」
  • 使い方③:「~すべきだったのに(しなかった)」

 

・"should"の使い方①:「~のはず」

まず、「~のはず」という表現。

 

ひとみ
例を見てみましょう

 


 

 

Mr. Tom
I am very excited to go to the beach tomorrow. Hey! do you think we should invite Mariko?

(明日海に行くのすごい楽しみだよ。ねぇ!まりこも誘ったほうがいかな?)

 

I don't think so, because Mariko should be in Paris now.

(いや、誘わなくていいと思う。今まりこはパリにいるはずだから)

ぺんぺん

 


 

このように強い確信をもって、「~のはず」という状況では"should"が使えます。

 

・"should"の使い方②:「~すべき」

 

" should"の2つ目の使い方は「~すべき」。

 

ぺんぺん
これは知っている人も多そうだね
うん、そうだね。一応例を見て確認しておこう
ひとみ

 


 

Mr. Tom
I really love Kaori. Do you think I should ask her out?

(かおりが本当に好き。彼女をデートに誘うべきかな?)

 

Yes, you should do that! I think she loves you as well.

(うん、誘ったほうがいいよ!多分彼女も君が好きだと思う)

ねこさん

 


 

このように、「~するべきかな」「~するべきだよ!」という状況で" should"が使えます。

否定文で「~すべきじゃない」の例はこちら。

 


 

ねこさん
I'm on a diet. But this cake looks really delicious. What should I do?

(ダイエット中。でもこのケーキほんとうのおいしそう。どうするべき?)

 

Oh, you shouldn't (should not) eat it.

(だめだよ、食べるべきじゃない)

Mr. Tom

 


 

・"should"の使い方③:「~すべきだったのに(しなかった)」

 

過去に「~すべきだったのに(実際はしなかった)」ときの使い方。

これも、「しとくべきだったなー」と後悔している時によく使います。

 


 

Mr. Tom
You look sad today. Are you OK?

(今日は元気なさそうだね。大丈夫?)

 

Thanks. I'm just so hungry. I should have eaten breakfast at home.

(ありがとう。おなか空いちゃって。家で朝ご飯食べてくるべきだった)

ぺんぺん

 


 

ひとみ
このように、「~しとくべきだった」は"I should have 過去分詞"で表現できます

 

5 "Could you ~?" と"Would you ~?"の違い

 

"Could you~?""would you~?"は、どちらも相手に「~してくれませんか?」と丁寧にお願いする表現。

すでに今回の記事では説明してますが、ここで改めて違いを整理しておきます。

 

ポイント

  • "could you~?"【能力】を確認
  • "would you~?"【意志】を確認

 

まず、"could"のもとは"can"「できる」という意味ですね。

なので、"could you ~?"は「~することができますか?」と能力を聞いてます。

 

一方、"would"のもとは"will"「~するつもり」という意味。

"would you ~?"は「~する意志はありますか?」と意志を聞いています。

 

ひとみ
「相手がそれをできるかどうかわからない」時は"could you~?"。「できるのは知ってて意志を確認したい」時は"would you~?"
日本語にすると、どっちも「~してくれますか?」だけど、ニュアンスが違うんだね
ぺんぺん

 

6 まとめ

いかがでしたか?

"could"、"would"、"should"はどれも海外ドラマなどでよく使われている表現です。

これを機に使えるようにしましょう。

 

繰り返しになりますが、"could"、"would"、"should"は、すべて助動詞のもともとの意味から使い方が広がっています。

 

" could"、" would"、" should"のざっくりイメージ

  1. " could"「~できる (できた)」、「ありえる」
  2. " would" =  「~だろう」
  3. " should" =  「~すべき」、「~のはず」
ひとみ
どれを使うか迷ったら、この3つの助動詞が持つ意味合いのざっくりしたイメージを思い出してください

-文法

Copyright© OKOMORI英会話 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.