英語参考書

TOEIC単語帳おすすめの2冊【TOEIC950の私がご紹介】

 

ねこさん

TOEIC対策の単語帳は色々ありすぎてどれを選んでいいかわからない。スコアを効率的に上げるためのいい英単語帳が知りたいな。

 

今回はこういった悩みにお答えしていきます。

 

この記事の内容

  • TOEICのスコアアップに直結する英単語帳2選
  • 英単語帳を使った効果的な勉強法
  • TOEIC頻出単語1,000個を覚えた後の未来がわかるよ

 

この記事を書いている私は、独学でTOEIC 600点台から950点へスコアアップさせました。

今では外資系企業にて英語で仕事をしています。

 

TOEIC対策を経て思うことは、スコアアップするうえで単語は最重要だということ。

今回ご紹介する英単語帳を有効に使えば、TOEICで860点ぐらいは取れるはずですので、さっそく詳細を見ていきましょう。

 

・1.TOEICのスコアアップに直結する英単語帳2選

 

TOEICの英単語帳のおすすめは次の2冊です。

 

  1. 「新TOEIC TEST出る順で学ぶ 990」
  2. 「TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ」

 

それぞれどんな人におすすめか、おすすめする理由を説明します。

 

・新TOEIC TEST出る順で学ぶ 990

 


この単語帳はTOEIC初心者~600点台ぐらいの人に特におすすめです。

これをやっとけば、TOEICに頻出の英単語はほぼおさえることができると言っても過言ではありません。

 

おすすめポイント

  • 本当に頻出単語ばかり
  • 単語数がちょうどいい章
  • 例文がわかりやすい

 

・本当に頻出単語ばかり

私はTOEICを少なくとも15回以上受験してますが、「新TOEIC TEST出る順で学ぶ 990」に出てくる単語は、試験で本当によく見かけます。

 

その理由は、TOEIC出題パターンを徹底的に研究している神崎正哉さんが作った単語帳だから。

神崎さんはTOEICを何度も受験し、そのたびに満点を取得しているTOEIC界のカリスマ講師的存在。

 

神崎/正哉
1967年生まれ。TOEICテスト専門学校のエッセンスイングリッシュスクール(全国最優秀校)のカリスマ講師。受験回数は53回を越え、990点満点を何度もとる。
出題問題予想の正確性は他を圧倒しており、学習者から絶大な信頼を集める。自身のTOEICブログは、語学・英会話ブログのランキングで上位をキープ。多くのTOEIC書籍を執筆。

引用:「新TOEIC R TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990」紹介ページ

 

TOEICを徹底的に研究している方が厳選した単語が記載されているので、信頼性が高いですね。

 

・ 単語数がちょうどいい

この単語帳で掲載されている単語数は990。
単語帳でがっつり単語を覚えるのはこれぐらいの量で十分です。

 

正直、単語を覚えることばかりに時間を割いても、スコアアップするのに時間がかかりすぎてしまいます。

なので、一冊の単語帳で2,000単語とか網羅しているのもありますが、あまりおすすめしません。

1,000個ぐらいの単語の意味がなんとなくわかるようになったら、模試を解いていく中で文章と一緒に体得していくのが一番効率的です。

 

・ 例文がわかりやすい

単語と一緒に記載されている例文が短く、わかりやすいものばかりです。

 

単語の意味を覚えるときは、文章で一緒に覚えると効果的。

なぜなら、文章の中で覚えてしまう方がイメージしやすく脳に残りやすいからです。

 

この本のすごいところは、単語だけでなく、例文もTOEICでよく見かけるものが多いこと。

なので例文ごと一緒に覚えてしまえば、試験中に「これは見たことあるな」と感じる表現が増えてお得。

 

・TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ

 


この単語帳は、スコアがすでに500点以上ある人におすすめです。

500点以上の中級者の人で、目標スコアに向けて計画的に必要な単語を覚えたい人におすすめ。

 

おすすめポイント

  • 本当に頻出単語ばかり
  • レベル別に分かれていて勉強計画しやすい
  • 持ち運びしやすいサイズ

 

・本当に頻出単語ばかり

こちらの英単語帳も、本番の試験で本当によく見かける単語に厳選されています。

 

この英単語帳の著者はTOEIC界のカリスマこと、TEX加藤さん。

頻出単語ばかりの理由は、TOEIC界のカリスマが出題傾向を徹底的に分析して、単語帳を作ったから。

 

TEX加藤
約20年の一般企業でのサラリーマン生活を経て、2010年、TOEIC TEST講師に転身。
現在、専門学校神田外語学院で専任講師を務める。2011・12・13年のTOEIC公開テスト全26回、すべて「990点」。
2016年5月の新形式移行後も990点を連続取得

引用:「TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ」紹介ページ

 

頻出の単語が厳選されている、という点では「新TOEIC TEST出る順で学ぶ 990」と互角。
「金のフレーズ」も、リストされている単語に対する信用性は高いです。

 

・ レベル別に分かれていて勉強計画しやすい

金のフレーズでは、1,000この英単語を次の目標スコアに分けてリストされています。

 

600点レベル(助走の400語)
730点レベル(加速の300語)
860点レベル(飛躍の200語)
990点レベル(頂点の100語)

 

たとえば今の点数が730点ぐらいの方なら、実際に単語帳をめくってみて「やっぱり730点ぐらいの単語はほぼ知ってるから、860点レベルの単語に集中して語彙を増やそう」という計画も立てられます。

 

すでに500点以上もってる中級者の人が、目指すレベルに応じて覚える語彙を絞れるのは、時間効率が良くておすすめの使い方。

 

・ 持ち運びしやすいサイズ

金のフレーズは、ちょうどいいサイズ感と軽さで持ち運びしやすく、隙間時間でも勉強しやすいです。

 

通勤時間などのちょとした隙間時間も、英単語を覚える時間として有効。

電車に座っている間や、ちょっとお昼休憩に復習するだけでも、単語の定着度を上げることができます。

 

・2.英単語帳を使った効果的な勉強法

 

単語帳で単語を覚えるときの、効率的な勉強法はつぎの3つ。

 

  • CDを聞きながら発音する
  • 何度も反復して覚える
  • 単語帳は1冊で十分、他の単語帳を使わない

 

それぞれ解説していきます。

 

・CDを聞きながら発音する

単語帳にあるCDネットでダウンロードできる音源を使って、実際に声に出しながら単語を覚えましょう。

理由は次の通りです。

 

・音を聞きとる練習になって一石二鳥

英単語を音ごと覚えると、リスニングの対策になるので、目だけでなく耳でも単語を認識できるようにしましょう。

 

リスニングの答え合わせをして、知ってる単語なのに聞き取れなかった経験はありませんか?

この現象が起きる理由はシンプルに、自分の思っている単語の「音」が実際CDで流れてくる「音」と違うから。

 

なので、リスニングの点数を上げるためには、英単語の音も一緒に覚えましょう。

CDと同じ発音になるようにマネしながら練習するのがコツ。

 

「自分が発音できる音は聞き取れるようになる」これは私の10年以上の英語学習の中で経験済みです。

 

リスニングを伸ばすために、何が必要かは以下の記事に書いてますので、詳しくはこちらをどうぞ。

TOEICの点数アップにもつながる【リスニングが苦手】を解決する方法とは?

続きを見る

 

・書いて覚えるのは時間のムダ

TOEICではスペルを書く問題は存在しないので、書けるようになったところでスコアアップにつながりません。

 

「単語を書いたほうがよく覚えれるのでは?」という人もいるかもしれませんが、時間がかかりすぎるのでおすすめしません。

 

短期間でスコアをあげるためには、英単語以外にも「読む・聞く」の対策が必要です。

ある程度単語を覚えたら、あとは「読む・聞く」練習の中でぼんやり覚えた英単語の意味を定着させていきます。

 

というわけで、わざわざスペルを書いて、英単語に時間を割きすぎるのはやめましょう。

 

・何度も反復して覚える

英単語を効率的に覚えるためには、反復して覚えるのが大事です。

一度見た英単語を「忘れそう」なタイミングで、復習しましょう。

 

私がおすすめする復習のタイミングがこちら

 

1日後、3日後、7日後、11日後、15日後

 

最新の脳科学の研究においても、「忘れそう」なタイミングで思い出すことが記憶の定着につながるという結果が出ています。

なので、毎日新しい単語をある程度おぼえつつ、前に覚えた単語を見返すことを繰り返すのが効率的。

 

復習をするときに、じっくり時間をかけて記憶しようとしなくても大丈夫。

何度も「思い出す」ことを繰り返していれば、短期間でも覚えられます。

 

・他の単語帳を使わない

単語を覚えるコツは、1冊の単語帳をやりこむこと。

やってみるとわかりますが、1冊に記載されている1,000単語を覚えるのは結構しんどいです。

 

ダイエットでも、ダイエット法を少し試しては効果がなかったからと、コロコロやり方を変える人がいますね。

どんな方法でもある程度時間をかけて取り組まないと結果は出ません。

 

TOEIC頻出の1,000単語だけを覚えれば、スコアはかなり上がりますので、まずは1冊をやりこみましょう。

 

・3.TOEIC頻出単語1,000語を覚えた後の未来がわかる

 

単語を1,000語覚えてからリスニング・リーディング対策をした結果、3カ月で200点あげることができました。

 

※リスニング・リーディング対策で何をしたのか詳しく知りたい方は【TOEIC 950の私が公開する】2カ月で600点から800点にスコアアップの勉強法7ステップをご確認ください。

 

TOEIC 800点を確実に取るための7ステップ【無料公開】

続きを見る

 

・英単語を覚えてなかったら、スコアアップは実現できなかったと確信しています

 

英単語を覚えたところで、TOEICの点数にそんな関係ないんじゃないの?ほかに優先したほうがいい気もする

 

こう思う方もいるかもしれませんが、結論英単語がわからなければ、点数は上がりません。
知らない英単語が多すぎると、長い文章を聞いたり読んだりしても理解できないから。

 

・リスニングの場合:音が聞き取れたところで、意味を知らなければ結局「?」で終わる
・リーディングの場合:「文構造がわかる」「早く読める」スキルがあっても、わからない単語が多すぎれば「?」で終わる

 

実際、単語の意味がぼんやりと浮かぶ程度にしか覚えてなくても、リスニング・リーディングで内容を理解するのがかなりラクになりました。

コツコツ単語を覚えていくのは結構しんどいかもしれませんが、確実にスコアアップにつながることなので、頑張ってやってみてください。

 

・4. まとめ

ここまで読んでくださりありがとうございました。

記事のポイントをまとめます。

 

TOEICの英単語帳でおすすめはこの2冊

  • 「新TOEIC TEST出る順で学ぶ 990」
  • 「TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ」

 

「新TOEIC TEST出る順で学ぶ 990」はTOEIC初級者~600点ぐらいの方にとくにおすすめ。

「金のフレーズ」はTOEIC500点以上の中級者におすすめ。

 

英単語帳を使った効果的な勉強法

  • CDを聞きながら発音する
  • 何度も反復して覚える
  • 単語帳は1冊で十分、他の単語帳を使わない」

 

どちらの単語帳を選んでも、反復して何度も声に出して覚えれば確実にTOEICのスコアは上がりますので、頑張ってください。

-英語参考書

Copyright© OKOMORI英会話 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.