英語名言

スター・ウォーズの名言を英語で深く理解しよう【心に残る15選】

 

世界的に熱狂的なファンが多いスターウォーズ。

実は、映画の中ではハッとするような深いセリフが多くあります。

 

そこで今回は、スターウォーズの英語名言15選をご紹介します。

 

ヨーダを始め、スターウォーズの登場人物のセリフからお気に入りの「心に刺さる言葉」を見つけてみましょう。

 

ひとみ
セリフを英語のまま理解できるように、英語についても軽く説明をしていきます

 

・スター・ウォーズの英語名言15選

 

・「信用」について by オビ=ワン・ケノービ

"Your eyes can deceive you; don’t trust them"  - Obi-Wan Kenobi 

お前の目はお前を欺くかもしれない。目に見えるものは信用するんじゃない

 

エピソード スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
誰への言葉? ルーク・スカイウォーカー

 

"Can"は「~し得る」という可能性を表すときにも使います。

"deceive"は「だます、欺く」という意味。

 

「物事の本質を見なさい」というメッセージが隠れている気がします。

 

・ヨーダの教え

 

"Luminous beings are we, not this crude matter" - Yoda

輝く存在なのだよ、私たちの本質は。肉体という物質だけの存在ではないんだ

 

エピソード スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
誰への言葉? ルーク・スカイウォーカー

 

ヨーダの英語は、「ヨーダ語」と呼ばれるように、語順がとてもユニーク。

英語で一般的な正しい文章にすると、次の並びになります。

 

We are luminous beings, not this crude matter.

 

"luminous beings"は「光り輝く存在」

"crude"は「粗野な、手を加えられていない」、"matter"が漠然と「物」の意味。

 

生命のエネルギーを感じさせる深い言葉ですね。

 

・「運」について by オビ=ワン・ケノービ

"In my experience, there’s no such thing as luck" - Obi-Wan Kenobi

私の経験上、「運」などというものはない

 

エピソード スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
誰への言葉? ハン・ソロ , ルーク・スカイウォーカー

 

"there’s no such thing as~"で「~のようなものは存在しない」

かたまりで覚えて、~をすり替えればいろいろな文章に応用が効きます。

 

運に頼らず、「努力すること」が大切だって思わされる名言。

 

・やる気を与えるヨーダの言葉

Try not. Do—or do not. There is no try - Yoda

やるか、さもなければやらないかじゃ。”トライ”なんて存在しない

 

エピソード スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
誰への言葉? ルーク・スカイウォーカー

 

"Try not"で「Tryは違う!」

"Do—or do not"で「やるかやならないか」

"There is no ~"で「~はない」

 

自分がやったことがないことに挑戦する時、「自分はできるのか自信がない」という人に、喝を与えてくれるような言葉ですね。

「やってみるか」な弱気な姿勢では、やり遂げることはできないと感じさせられますね。

 

・「リスク」について by ハン・ソロ

 

"Never tell me the odds" -Han Solo

確率なんてどうだっていい!

 

エピソード スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
誰への言葉? C-3PO

 

"odds" = 見込み、可能性、確率

 

"Never tell me the odds"は直訳すると、「確率については言わなくていい」

C3POが「うまくいく可能性がとても低い」と言及しているなかで、ハン・ソロは何とか切り抜けようと奮闘しているシーン。

この状況から意訳すると「確率なんてどうだっていい」が近いニュアンス。

 

C3PO

But sir, the odds of successfully navigating an asteroid field are approximately 3720 to 1!

(小惑星帯を安全に航行できる確率は3720分の1です!)

ハン・ソロ

Never tell me the odds!

(確率なんてどうだっていい)

 

・「運命」について by Yoda

"Once you start down the dark path, forever will it dominate your destiny" - Yoda

一度闇の道を進み始めたら、闇が一生お前の運命を征服し、食い尽くすじゃろう

 

エピソード スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
誰への言葉? ルーク・スカイウォーカー

 

こちらのセンテンスもヨーダ独特の語順で、一般的な語順は次の通り。

 

Once you start down the dark path, it will dominate your destiny forever

 

"Once 〇〇 ~, ~" は「いちど〇〇が~したら、~だ」

"dominate"は「征服する」

 

ダースサイドへ落ちてしまったアナキン・スカイウォーカーを連想させる言葉ですね。

 

・「視野」について by クワイ=ガン・ジン

"There’s always a bigger fish" - Qui-Gon Jinn 

上には上がいるんだ

 

エピソード スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
誰への言葉? アナキン・スカイウォーカー

 

"There's (There is ~)"で「~がいる」

直訳すると、「いつだって、より大きい魚がいる」となります。

 

「謙虚であれ」そんなメッセージが伝わってきます。

 

・「結果」について by ヨーダ

"Fear leads to anger, anger leads to hate, hate leads to suffering" - Yoda

恐れはダークサイドに通じる。恐れは怒りに、怒りは憎しみに、憎しみは苦痛へ

 

エピソード スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
誰への言葉? アナキン・スカイウォーカー

 

"A lead to"で「Aは~につながる」

 

アナキンがどうしてダークサイドに堕ちダースベイダーとなったのか、に通じる言葉ですね。

もしカンカンに怒りそうになった時は、この言葉を思い出してみましょう。

 

・「自由」について by ルーク・スカイウォーカー

 

"Let go of your hate" - Luke Skywalker

憎しみなど捨ててください

 

エピソード スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還
誰への言葉? ダース・ベイダー

 

"let go of ~"は「~を手放す、忘れ去る、念頭から消す」

 

ルーク:

"Let go of your hate"
(憎しみなど捨ててください)

ダース・ベイダー:

It is too late for me, son.
(もはや手遅れなのだ、息子よ)

 

・「知覚」について by クワイ=ガン・ジン

"Your focus determines your reality" - Qui-Gon Jinn

常に忘れるな、意識を集中させたことが現実になるんだ

 

エピソード スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
誰への言葉? アナキン・スカイウォーカー

 

"focus"とは「意識を集中させる、何かに没頭する」

"A determine B"で「AによってBが決定づけられる」

 

やる気が出ない時に聞いて、モチベーションを高めたい言葉ですね。

 

・「服従」について by オビ=ワン・ケノービ

"Who’s the more foolish; the fool, or the fool who follows him?" - Obi-Wan Kenobi

愚か者と、愚か者に従う愚か者では、どちらが愚かなんだ?

 

エピソード スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望

 

"the fool"で「愚か者」

"follow"で「従う」

 

・「思いやり」について by アナキン・スカイウォーカー

"Compassion, which I would define as unconditional love, is essential to a Jedi’s life" - Anakin Skywalker

僕は無償の愛と考えている思いやりの心は、ジェダイの生命の核心だと考えている

 

エピソード スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
誰への言葉? パドメ・アミダラ

 

関係代名詞「which以降~love」までの文が、先頭のCompassionの説明をしています。

 

Compassion [, which I would define as unconditional love ]  is essential to a Jedi's life.

(無償の愛だと考えている思いやりは、ジェダイの生命の核心だと考えている)

 

"I would define A as B"で「僕はAをBだととらえている、考えている」

 

・「謙虚」について by ハン・ソロ

"Great, kid. Don’t get cocky" - Han Solo 

やったな、小僧! だが、うぬぼれるなよ

 

エピソード スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
誰への言葉? ルーク・スカイウォーカー

 

 "cocky" は、「気取った; うぬぼれた; 生意気な」

 

少し成果が出ると油断しがちですが、最後まで気を抜かずに努力を続けないともったいないですね。

 

・「問題解決」について by ヨーダ

"In a dark place, we find ourselves, and a little more knowledge lights our way" - Yoda

暗闇に閉ざされたときは少しの知識が光をかざしてくれるのだ

 

エピソード スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

 

"A lights our way"で「Aが光をかざしてくれる」

 

ここでの暗闇とはスター・ウォーズにおいて、ダークサイドのこと。

人生の中で失敗・別れ・挫折を経験すると、暗闇の中にいるように感じることもありますが、そんな時は自分が培ってきた経験や知識が救ってくれるとヨーダは言ってます。

 

・「不安」について by ヨーダ

"The fear of loss is a path to the dark side"- Yoda

恐れはダークサイドに通じる

 

エピソード スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
誰への言葉? アナキン・スカイウォーカー

 

"path to A"で「Aへの道」

口語にすると、「Aへつながる」

 

何かに対して「失う」恐れの気持ちを抱くと、その恐れはやがて怒りになり、憎しみになり、人生を悪い方向へ導くことに。

 


 

ひとみ
さらに深く「スターウォーズの教え」について読んでみたい方におすすめの本はこちら

 

 

スターウォーズが大好きな方、あまり詳しくない方、どちらも楽しめる一冊。

サクッと読みやすく、いったん立ち止まって人生を見つめなおすにもちょうどいい内容。

 

ぺんぺん
スターウォーズの話の内容とリンクできるから、具体的にイメージしやすそうだね!

-英語名言

Copyright© OKOMORI英会話 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.