英語アプリ

Grammarlyを使ってみた感想【無料の英文添削アプリ】

 

 

ぺんぺん
英語で文を書くとき、文法ミスがあるか不安だな。

いちいち自分で全部チェックするのも時間がかかるし。

誰かに添削してもらいたいけど、もう少し手軽なアプリはないかな

 

今回はこういった悩みを解決していきます。

 

この記事の内容

  • Grammarlyを使ってみた感想 = 最高に手軽な英文添削ツール
  • Grammarlyの使い方
  • Grammarlyを使ってから起きた変化

 

この記事を書いている私は、外資系企業で毎日英文メールを書いて仕事しています。

ただ、たまに文法ミスをすることもあり、英文添削ツールを使うことに。

使い始めて半年ほど過ぎたので、今回はGrammarlyを使ってみた感想&使い方をさくっと紹介していきます。

 

・1. Grammarlyを使ってみた感想

 

Grammarly Keyboard — Type with confidence

Grammarly Keyboard — Type with confidence

Grammarly, Inc無料posted withアプリーチ

 

Grammarlyはリアルタイムで英文を添削してくれる便利なツール。

無料で簡単に使える英文添削アプリが欲しいなら、Grammarlyがおすすめです。

具体的な感想を詳しく説明していきます。

 

・やりがちな文法ミスはほぼ感知してくれる

英文を書くことに没頭していると気づけない、ほとんどの文法ミスを感知してくれます。

Grammarlyでちゃんと反応してくれるのは、例えばこんな文法ミス。

 

・単数形・複数形のミス

  • I read some book. ×
  • I read some books. 〇

 

・受動系・能動態のミス

  • I was shocking to hear the news.×
  • I was shocked to hear the news.〇

 

・不定詞のミス

  • I love sing songs.×
  • I love to sing songs.

 

メールを送るときなど、できればミスは避けたいところ。

誰かに添削を頼めなくても、しっかりこういうミスを防いでくれるはありがたいです。

 

・冠詞ミスへの反応はまずまず

冠詞の "a"と" the"のミスへの反応具合はおおむね反応するけど、一部の文法ミスに気づきません。

例えば、次のような冠詞ミスにはちゃんと反応してくれます。

 

  • I want to swim in an ocean.×
  • I want to swim in the ocean. 〇

解説:"ocean"の前は必ずthe

 

  • I ate a apple. ×
  • I ate an apple. 〇

解説:" apple"は頭文字は母音だから" an"になる

 

一方、次のような冠詞のルールへの反応がいまいち。

Grammarlyで反応してくれません。

 

  • She has a dog. A dog is cute. ×
  • She has a dog. The dog is cute. 〇

解説:文章の中で一度話題になったことについては"the"を使う

 

冠詞だけでいえば、「いくつかの文章の流れで、適切な冠詞をおく」という点は自力で調べるしかなさそう。

 

冠詞を勉強しときたい人は、こちらの記事を読んでみてください。

英語の冠詞の使い方を解説!【もう"a"と"the"で悩まない】

続きを見る

 

・正しいスペルを教えてくれてラク

スペルミスは、指摘するだけじゃなくて、正しいスペルまで提示してくれてラクです。

 

 

 

wordやメールツールでも、スペルミスの指摘まではしてくれます。

でも、正しいスペルは自分でググるしかありません。

 

Grammarlyなら正しいスペルを一瞬で教えてくれるから、そのまま書き続けられます。

いちいちブラウザでスペルを検索する手間が省けて便利。

 

・英文をリアルタイムでチェックしてくれる

Chrome, Firefoxの拡張機能を使えば、ブラウザ上で英文を書くときにリアルタイムで添削してくれます。

 


例えば、GmailやFacebookで英文を書いているとき。

いちいち英文をコピペしてチェックする手間が省けるので、書いてて非常に快適です。

 

・無料で使える範囲でも十分便利

ここまで紹介した機能はすべて無料で使える範囲。

個人的には、無料で使える機能だけでも普通に便利だなと感じています。

 

特に、基本的な文法知識はあるけど、アウトプットするときに文法が合ってるのか不安、という人におすすめ。

基本的な文法ミスならちゃんと添削できるので、無料の機能でも問題ないです。

 

・とはいえ「自然な英文が書けない」は解決できない

自分の言いたいことを、相手に伝わりやすく英語で書くためのサポートはありません。

例えば、英文の文法にミスがなくても、ネイティブからしたらわかりにくい英文になることがありますね。

 

Grammarlyの無料の機能でできるのは、あくまで基礎的な英文法・スペルミスの添削。

なので、「不自然な表現・わかりにくい表現」の改善はみこめません。

 

自然な英文を書くベストな方法は「ネイティブの添削」

 

私も前はライティングがへたくそで、5行くらいの英文メールを書くのに30分ぐらいかかってました。

ですが、添削をしてもらい練習をすることで、今では数分でサクッと書けるように。

 

「自然な英文を書けるようになりたい!」なら、身近にいるネイティブの友達や、ネイティブ講師に添削をお願いするのが一番おすすめです。

 

・2. Grammarlyを使ってから変わったこと

 

・当然ながら、メールを書く時間が短くなった

今までメールを書くときは次のことを自分でしてましたが、Grammarlyが代わりにやってくれるように。

 

しなくてよくなったこと

  • スペルミスしたら、Googleをひらいて正しいスペルを確認する
  • 基本的な文法ミスがないか確認する

 

自分でやる必要がなくなるので、当然メールを書く時間は減りました。

また、「確認しなきゃ」と思う心理的な負担も減ったので、メールを書くのが快適に。

 

他にもやるべき仕事がある中で、メール作成で消耗する時間・気力を温存できるのは最大のメリットでした。

 

・文法ミスが減った

誰でもそれぞれ、その人特有の文法の苦手項目があります。

私の場合は、冠詞に100%自信がもてないことがぱらぱら。

 

でも、Grammarlyで何度も自分が同じことでミスするのがわかってくると、さすがにミスは減りました

特に努力せずとも、ただただ英文メールを書いているだけで苦手克服といった感じです。

 

・3.まとめ

最後に、Grammarlyを使ってみた感想をまとめます。

 

  • やりがちな文法ミスはほぼ感知してくれる
  • 正しいスペルを教えてくれてラク
  • 英文をリアルタイムでチェックしてくれる
  • 無料で使える範囲でも十分便利
  • とはいえ「自然な英文が書けない」は解決できない

 

ということで、意味の通じる文章を書くことはできるけど、たまに文法ミスしちゃう人におすすめです。

細かい文法事項はいちいち調べるのも面倒なので、自動化しちゃうと圧倒的にラク。

 

無料で十分便利ですので、ぜひ一度お試しください。

-英語アプリ

Copyright© OKOMORI英会話 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.