発音

canとcan'tの発音の違い&聞き分け方をさくっと!解説

 

ぺんぺん
canとcan'tの発音の違いがよくわかりません。

どうやって聞き分ければいいか、誰か教えてください

 

今回は、こういった悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • canとcan'tの発音の違い
  • canとcan'tの聞き分けに慣れる方法

 

この記事を書いている私は、独学で英語を学びTOEIC 950を取得しました。

現在、外資系企業にて英語で仕事をしています。

 

アメリカ英語の"can"と"can't"の発音って違いってよくわからないですよね。

"can't"は「キャント」ってことで、"t"を聞き取ろうとするも、"t"をはっきり発音してなさそう。

 

そこで今回は、"can"と"can't"の発音の違い&聞き取りのコツについてサクッと説明していきます!

この記事を読めば、会話で"can" 、"can't"のどっちなのか迷うことは、もうありません。

 

・1.canとcan'tの発音の違い

 

・【前提】:アメリカ英語の"can"と"can't"の違いを説明します

アメリカ英語とイギリス英語では、"can"と"can't"の発音が違います。

"can"と"can't"の発音の違いは、アメリカ英語のほうがややこしくて、聞き分けが難しいことで有名。

今回は、アメリカ英語の"can"と"can't"の違いについて説明していきます。

 

・"t"の有無では聞き分けられない

"can"と"can't"を聞き分けるために、最後の"t"を一生懸命聞き取ろうとしたことがあるのではないでしょうか。

でも、アメリカ英語ではほとんど"t"を発音しません。

つまり、"t"があるかないかでは、"can"と"can't"を聞き分けることができないんです。

 

・"can", "can't"の後ろに文が続くときの発音の違い

"can", "can't"の後ろに文が続くときの、発音の聞き分けは結構わかりやすいです。

"can"、"can't"それぞれの発音を説明していきます。

 

・" can"の音は「クン」

"can"の音は「キャン」ではなくて「クン

 

I can do it.

× 「アイ キャン ドゥイット」

「アイ クン ドゥイット」

 

他にも例文を見てみましょう。

 

She can cook = 「シィクンクック」

He can run = 「ヒィクンラン」

Can you hear me? = 「クンニューヒアミー?」

 

文の中で、" can"はそれほど大事じゃないのっで、発音もはっきりとしません。

"can"はあいまいに発音して、その前後の動詞をしっかり発音するのがポイントです。

 

・"can't"の発音は「キャァン」

一方、"can't"の発音は「キャァン」と、" can"よりも強く・はっきり発音します。

 

I can't do it = 「アイキャアン ドゥイット」

She can't come = 「シィキャァン カム」

 

"can't"は大事な意味があるので、母音をはっきり発音します。

 

ひとみ
"t"の音がなくても、" can"と" can't"では発音が全然違うので、聞き分けも難しくないですね!

 

・"can't"の後ろには"t"の隙間ができる

"can't"の"t"はほとんど発音されませんが、"t"の隙間( )は残ります。

 

I can't do it= 「アイキャァン ( ) ドゥイット」

I can do it= 「アイクンドゥイット」

 

"can"の後ろには隙間がなく、次の" do it"までつなげるように発音しています。

一方、"can't"の後ろには、一瞬隙間ができます。

 

・"can" "can't"の発音を比べてみましょう

 

I can hear you = 「アイクンヒアヤ」

I can't hear you = 「アイキャァン( )ヒアヤ」

 

He can drive = 「ヒィクンドゥライブ」

He can't drive = 「ヒィキャァン( )ドゥライブ」

 

She can dance = 「シィクンデァンス」

She can't dance = 「シィキャァン( )デァンス」

 

ここまで、まとめます。

 

"can"、"can't"の後ろに文が続くとき、

  • "can"は「クン」とあいまいに発音する
  • "can't"は「キャァン」と強く発音し、次の動詞の前に"t"の隙間だけ残る

 

・"can", "can't"で文が終わるときの発音の違い

"can"と"can't"の発音は結構違うので、意外と聞き取るのは簡単じゃん!と感じますよね。

でも、"can"を強調して発音するときは、"can't"と音がとても似てるので注意です。

そもそもどんなときに"can"を強調するかと言うと、"can"が文章の最後に来るとき

 


 

Can you come tomorrow?

 

I think I can = 「キャァーン」

 

I think I can't = 「キャァン」

 


 

このように、" can"の後ろに動詞が続かないときは、"can't"の音とそっくり。

音だけでどう違うかと言うとこんな風に違います。

 

  • "can" = "can't"よりも、「ヤァ」の音がゆったり長め
  • "can't" = "can"よりも、「ヤァ」の音が短めで、早めに音が消える

 

 ただ、音だけで判断できなくても、文脈や表情で判断することが出来ます!

 

・文脈で"can"か"can't"を判断する

"can"、"can't"だけで聞き分けられなくても、文章の前後にヒントとなる情報があることが多いです。

たとえば、

 

Can you come to the office tomorrow?

Yes, I can. / No I can't.

 

このように、頭に"Yes"か"No"があればこれをヒントに" can"なのか" can't"かわかります。

 

・表情で"can"か" can't"を判断する

 

文脈に加えて、表情も" can"と" can't"を判別する手がかりになります。

 

Can you attend a meeting on Friday?

(金曜日の会議に出れそう?)

 

I'm afraid I can't. I already have a plan on Friday.

(申し訳ないけど、難しいです。先約がありまして)

 

まず、前後の文脈に"I'm afraid"(申し訳ないですけど)や、「もう予定がある」って情報があるので、"can't"のほうだと予想がつきますね。

また、「~できそうにない」ときや、断るときは、申し訳なさそうな表情や、暗めの声のトーンに。

てことで、"can"、"can't"の発音だけに集中するより、文脈・表情全体で判断するのが確実です!

 

・はっきりわからないときは聞き返そう!

聞き取れなかったら、聞き返せばOK。

雑音がうるさかったり、相手のアクセントが強すぎることもありますしね。

ということで、"can"なのか、"can't"なのかを聞き返すフレーズはこちらです。

 

Could you say that again?

(もう一度言っていただけませんか?)

 

Do you mean you are able to do that or not?

(「できる」「できない」どっちですか?)

 

もし"Do you mean "can" or can't?"として、答えをもらっても「?」の堂々巡りになりかねません。笑

"be able to"を使って聞くと確実です。

 

・2. "can"と" can'"tの聞き分けに慣れる方法

 

どうすれば、"can"と"can't"の音の違いに慣れますか?

⇒ 答えはずばり、「声に出して発音できるようにすること」です。

 

・自分で発音できる音は聞き取れる

不思議なものですが、自分で発音できる音は聞き取りもできます。

なので、聞く練習ばかりするよりも、自分で口を動かして発音できるようにすることがとっても大事。

好きなYoutube動画や、海外ドラマ、映画などの英語素材で"can"や"can't"が出てきたら、ぜひマネして発音してみましょう。

 

・ネイティブに聞いてもらうのもあり

発音が合ってるか自信がないなら、ネイティブに聞いてもらいましょう。

オンライン英会話などで、"can"、"can't"の英文を読み上げて、発音が合ってるか講師に聞いてもらう方法。

客観的に聞いてもらって、「OK」が出れば発音の心配はいらなくなります。

 

・3.まとめ

いかがでしたか?

最後にまとめます。

 

この記事のまとめ

  • "can"は「クン」とあいまいに発音する
  • "can't"は「キャァン」と強く発音し、次の動詞の前に"t"の隙間だけ残る
  • "can"と"can't"の発音が似てるときは、文脈・表情で判別する
  • 聞き取れないときは軽い気持ちで聞き返そう

 

英語にまつわる「聞き取れない」問題は、発音できるようになれば解決することがほとんど。

声に出して発音する練習をコツコツ積み上げましょう♪

 

ひとみ
発音に関するオススメ記事はこちら♪

 

-発音

Copyright© OKOMORI英会話 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.