フレーズ・例文

日程調整の英語メールに返信|頻出の表現23選【短くて覚えやすい】

 

ぺんぺん

仕事やプライベートで、外国人と日程調整をすることがあります。

そんな時に、どうやって英語でメールを返信すればいいか知りたいです。

候補日時を提示したり、相手の都合を確認する表現を教えてください

 

今回は、こういった疑問を解決していきます。

 

この記事の内容

  • 日程調整のメール返信で使える英語表現

 

この記事を書いている私は、独学で英語を学びTOEIC 950 を取得しました。

現在、外資系企業にて英語で仕事しています。

仕事で会議日程の調整、英語講師との日程調整など、普段英語で日程調整をすることがよくあります。

 

仕事でもプライベートでも、日程調整で使う英語表現がわからないと困ってしまいますよね。

でも、日程調整で使う表現はてっぱんのものばかりで、一度覚えてしまえば英語の返信も怖くありません

そこで今回は、日程調整のメール返信で使える英語表現をご紹介していきます!

 

短くて覚えやすいものばかりですので、サクッと覚えて英語の日程調整をマスターしましょう。

 

・1.日程調整のメール返信で使える英語表現

 

日程調整のメール返信で多いのは、次のような内容のメールへ返信するケース。

 

〇月〇日 〇時~空いてますか?

都合のいい日時を教えてください

 

こういうメールが来たときに、返信で使える英語表現を説明していきます。

 

・①「〇月〇日 〇時~空いてますか?」に英語で返信

 

・こちらの都合が合うときの英語表現

 

I am available on that day.

(その日で大丈夫です)

 

"available"は、日程調整の場面では「空いている、時間がある」という意味。

日程調整では、ビジネスプライベート関係なく本当によく使うので、ぜひとも覚えておきましょう。

 

That day works for me.

(その日で大丈夫です)

 

work for 人 = 「~にとって都合がいい、うまくいく」

 

That sounds good.

(その日で大丈夫です)

 

I am available on May 10th at 5 pm.

(5月10日の午後5時ですと、都合がいいです)

 

Thursday would be perfect.

(木曜日は予定が合います)

 

Yes, Monday is fine.

(はい、月曜日で大丈夫です)

 

・都合が合わないときの英語表現

 

I'm not available on that day.

(その日は空いていません)

 

I already have plans on that date.

(その日はもう予定が入ってます)

 

Sorry, that doesn't work for me.

(すみませんが、その日付だと都合が合いません)

 

・他の日程で調整できそうか確認する表現

Unfortunately, I'm not available on Monday. Would it be possible to arrange another time later in the week?

(あいにく月曜日は空いてません。今週の後半のどこかで調整することは可能でしょうか?)

 

unfortunately = 「あいにく」

"would it be possible ~"で「~は可能でしょうか」

later in the week = 「今週の後半」

 

I'm sorry, that doesn't work for me. Would you be free to meet early next week?

(すみません、その日程だと都合が合いません。来週の前半で調整できそうでしょうか?)

 

early next week = 「来週の前半」

 

I'm afraid I already have plans on that date, but I'm available on Friday.

Would next Friday work for you?

(あいにくその日は別の予定がありまして。ですが、金曜日なら大丈夫です。ご都合はいかがでしょうか?)

 

I'm afraid ~ = 「あいにく~」

友達同士のカジュアルなやり取りであれば、" Would next Friday work for you?"を"How about Friday?"に代用可能。

 

・②「都合のいい日を教えてください」に英語で返信

 

・日程を提案する

Are you available sometime next week?

(来週どこかご都合のいい日はありますか?)

 

Are you available next Monday?

Are you available on Monday?

(次の月曜日はご都合よろしいですか?)

 

"next"の前に、前置詞はつけないので、"next Monday"だけになってます。

 

Are you free next Tuesday?

Are you free on Tuesday?

(次の火曜日は空いてますか?)

 

Would next Thursday be okay?

(次の木曜日のご都合はいかがでしょうか?)

 

What about next Friday?

(次の金曜日はどうですか?)

 

・「ご確認をお願いします」

自分の提示した候補日程について、確認や連絡をお願いする表現。

 

Please let me know your availability.

(ご都合が合うか確認をお願いします)

 

Please confirm if this date and time are suitable/convenient for you.

(この日時で大丈夫そうか、ご確認をお願いします)

 

Please confirm if ~ = 「~かどうかご確認をお願いします」

suitable = 「適当な、ふさわしい」

convenient = 「都合がいい」

 

Could you let me know if this works for you?

(ご都合大丈夫そうか、お知らせ頂けますでしょうか)

 

・複数の日程候補を提案する

いくつかの候補日を提示して、相手に都合を聞きたいときに使える表現はこちら。

 


 

Could you let me know your availability at the following dates and times?

(次の日時の中で、ご都合をお知らせ頂けますでしょうか)

 

  • 13rd Tue 9:00 am - 11:00 am
  • 18th Wed 3:00 pm - 5:00 pm
  • 19th Fri 10:00 am - 12:00 pm or 2:00 pm - 3:00 pm

 


 

日本語では、時刻を表すときに24時間制を用いることが結構あります。

24時間制とは、例えば午後3時のことを15:00と表記すること。

 

でも、英語で日程調整をする時などは、12時間制を用いるのが一般的です。

12時間制とは、午後3時を"3:00 pm"と表記すること。

午前は" am"、午後は" pm"です。

 

12時間制の表記例

  • 午前9時 → 9:00 am
  • 午後12時 → 12:00 pm
  • 午後6時 → 6:00 pm

 

・2.まとめ

いかがでしたか?

日程調整をする時の、英語のメール返信で使える表現についてまとめました。

特に"available"については、ビジネスでもプライベートでも本当によく使う単語ですので、覚えておきましょう。

 

最後に、日程調整のときによく出てくる単語や表現をまとめておきます。

 

各フレーズで使われている単語・熟語の意味

available 時間がある(人に対して使う時)
Are you free on 日付? 日付は空いてる?
sounds good 大丈夫です
work for you/me 都合が合います
I'm afraid ~ あいにく~
Please confirm if ~ ~かどうか確認ください
could you let me know~? ~をお知らせ頂けますか?
am/pm 午前/午後

-フレーズ・例文

Copyright© OKOMORI英会話 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.